2009年10月19日

VistaからXPへリモート接続するとClearTypeフォントが汚い

Vistaマシンで作業を行なう必要があり、XPマシンへリモート接続したすると、
表示されるフォントが汚く、表示の確認もままならない状態でした。

調べてみたところ、XPだとClearTypeが有効にならないとのことで、
解決方法は、下記になります。

1)XPをSP3に更新して、RDPを最新のものにする
2)XPマシンに下記のレジストリを適応
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations]
"AllowFontAntiAlias"=dword:00000001
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp]
"AllowFontAntiAlias"=dword:00000001

これでVistaからのリモートデスクトップを行なっても、
ClearTypeフォントが正常に表示されるようになります。

無事解決!
posted by memo4me at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

リモートデスクトップで2画面使う方法

先日まで出先で作業をしていたのですが、贅沢にもデュアルディスプレイで作業し、
リモートで自分のマシンへアクセスしていました。

前々から気になっていたのが、せっかくなので2画面を自分のリモートに出来ないかを調べてみたところ、出来ることが分かりました。

やり方は、下記を参考。
1)リモートデスクトップのショートカットを作成
2)ショートカットを右クリックして、プロパティを開く。
3)リンク先の「%SystemRoot%\system32\mstsc.exe」を「%SystemRoot%\system32\mstsc.exe /span」にする。
 ※「 /span」を追加記述
4)プロパティを閉じる

これで作成したショートカットからリモートで接続すると、
接続元のデュアルディスプレイが、すべて自分のリモート先の環境になります。

問題点としてあげるなら、
1)モニタごとのスナップが効かない為、最大表示すると、2画面分になってしまう。
2)1画面分(例 1600*1200)を2画面(例 3200*1200)として開いているので、ダイアログなどが画面中央(モニタの境目)に表示される。

問題点もありますが、広く領域を使うことが出来るので、使いやすかった印象はあります。

気になる方は、お試しあれ。
posted by memo4me at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

Internet Explorer Collection

現在のInternet Explorerは、IE8がメインですが、確認環境と言った点を考慮すると、どうしてIE6から考えねばならない。
なかなか過去ブラウザ環境を用意出来るかと思ってもそうはいかず、今までIEtesterを利用していましたが、Internet Explorer Collectionなるものもあるようです。
IE1からIE8βまであるようで、調べてみたところ、既存のIEとはぶつからず使えるとのことで、インストールしてみました。

ちょっと使ってみようと思います。
posted by memo4me at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。