2010年04月14日

サイト表示速度が検索順位に影響

まだ日本や日本語の検索には、導入されていないようですが、
Googleがサイト表示速度を検索順位に取り入れた模様。

下記があたりが参考。
http://www.suzukikenichi.com/blog/google-adds-site-speed-to-web-search-ranking-algorithm/
http://www.sem-r.com/google-2010/20100412000719.html

普通に考えれば、同じ内容のページがあったとして、
表示の遅いページより表示の早いページをみると思います。

今となれば、回線スピードも早いですが、昔は遅かったので、
その当時少しでも軽くページを作るのが当たり前でした。
例えば、画像データも可能な限り色抜きしたり、HTMLソースも無駄なものをなくすなど・・・。

今まで通り、「軽さ」という点を考慮しながら、製作するのが常になるということですね。日本でもいつ導入されるかわからないですし。

そういえば、ここ最近知らぬ間に、PageRankが更新されていたようですね。
管理しているサイトやよく見ているサイトにPageRankが付いていました。

もっとアンテナを張らないとダメだな。
posted by memo4me at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | seo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

MEMO 4 ME
Excerpt: 自分メモいろいろ
Weblog: digo.it
Tracked: 2010-04-19 20:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。