2010年05月24日

text-indent: -9999px をやめました。

自分の管理しているサイトで、CSSの text-indent: -9999px を使って、
テキストを飛ばし、背景画像を表示することをしていたのですが、使うのをやめました。

今まで text-indent: -9999px については、スパムの可能性があると言われていたので、あえて使わなかったのですが、世の中の色々なサイトを見て、かなりのサイトが使っており、ペナルティを受けていない状況だったので、自分のサイトでも使ってみました。

そしてここ最近で疑問に思ったのが、以下の記事
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2010/05/14/7986
実際にペナルティを受けているサイトがあるようです。
そこで気になった文章が、
なお、text-indentによる画像置き換えは、置き換えるテキストと画像が一致していれば問題ないはずだ。少なくとも筆者が知る限りではテキストと画像が同じでペナルティを受けた例を聞いたことがない。しかし、テキストと画像が異なるためにペナルティを受けたサイトは知っている。

これって本当なんだろうか?
仮にこれが本当であれば、自分のサイトでは text-indent: -9999px はこのままにしていても問題ない。
画像の文言と同じものを入れているからだ。

ただそれ以外に気になる記事を見つけた。
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2009/12/google.html

そこで書いてあるのが、これ。
代替テキストが、ユーザーに読ませることを想定し、ユーザーにとって有益なものであると考えられるものであれば ( 例えばテキストブラウザや、テキスト読み上げソフトをご利用のユーザーのために書かれたものである場合 ) 、問題はありません。

でもどこからがbot用で、どこからがユーザー用かが分からない。
ユーザーに、より分かりやすくすることを前提として画像と違う文言にしたらペナルティを受けるのか?(過剰にやるのではなく)

判断に迷った際は、「たとえ検索エンジンが存在しなくてもそのテキストを書いたかどうか」と考えてみてください。もし検索エンジンが存在しなくても、そのテキストがユーザーの利便性のために必要なものであると思われる場合、おそらくそれはガイドライン違反ではありません。

困った末に判断したけど、ペナルティを受ければ、ネタじゃないけど食っていけない(笑)

という訳で、text-indent: -9999px は使わなくしました。
また実際使う、使わないで、メリット、デメリットを自分なりに考えてみた。(当たってるかは不明)

○メリット
text-indent: -9999pxを使う場合
・画像にしかないテキストをbotに認識させることができる
・検索されたいキーワードが画像にしかない場合、テキストにすることで施策が可能

text-indent: -9999px使わない場合
・ペナルティを受けにくくなる(text-indent: -9999px以外のスパム行為を行ってる場合は除く)

○デメリット
text-indent: -9999pxを使う場合
・検索エンジンからのペナルティを受ける可能性がある

text-indent: -9999px使わない場合
・テキスト量が減り、キーワードへの内的施策が出来ないので、コンテンツを増やす必要がある
・ソースが増える


こんな感じなのかな??まだあるかもしれないけど。

実際試した自分のサイトでは、特定キーワードでの検索順位があがった。(大体5位〜7位UP)
下がると思ったけど、キーワードのパーセンテージがいい感じになったんだろうか・・・。

結果オーライだが、今後の方針として、検索エンジンからのペナルティを受ける可能性が少しでもあるならば、text-indent: -9999px 使わないことにします。

posted by memo4me at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | seo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150894282
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。